アニメ

呪術廻戦142話確定ネタバレ考察!直哉の死亡フラグが現実か?

Pocket

アニメ呪術廻戦の142話のネタバレ考察をしていきたいと思います。

ダイ
ダイ
この記事では、個人的な考察が含まれています。ご了承ください。

前回の141話では、虎杖と乙骨、脹相と直哉の戦いがとても魅力的でした。

今後も目が話せない展開が期待できそうですね。

ここ最近海外でも非常に注目されているとのことで、大変嬉しく思います。

と言うことで、呪術廻戦の142話ネタバレ考察をしていきたいと思います。

呪術廻戦142話ネタバレ確定


漫画「時術廻戦」の最新話が発売され、内容が確定しなしたので紹介していきます。

直哉と腸相の戦い

142話では、直哉と腸相のバチバチが非常に面白かったです。

兄弟が嫌いな直哉。兄弟が大好きな腸相。対照的な2人と、立場や役割。背負うものや信念の違いに、非常にグッとくるシーンがありました。

腸相の長男としての意地が現れていた話だったのではないかと思います。

ちなみに腸相がまさかの10人兄弟というのにびっくりでしたね。

腸相に疑問の直哉

腸相が直哉に対し、10人兄弟だと発表していました。しかし直哉はそんなことが知りたい訳ではない様子。

それよりも直哉が気になったのが2つ。

  1. なぜ腸相が赤血操術が使えるのか?
  2. なぜそんなにも丈夫なのか?

なぜ腸相は直哉の動きについてこれた?

直哉のスピードは相当なものです。にも関わらず、その動きに腸相はついてきていることに直哉は気づきます。

そしてその原因が、赤隣躍動で動体視力を高めていることに気がつきました。

ただ、スピードが早くなっただけでは自分は腸相には負けないと自負している直哉。

術式がわからない腸相は後手に

直哉の術式をまだ理解できていない腸相。そんな腸相は直哉の攻撃を受けるしかない状態に。

当然、術式を直哉が腸相に教えるわけもなく….。

結果、直哉の術式に圧倒された腸相は後手に…。

兄弟について語る腸相

何故直哉はそんなにも兄弟を嫌うのか?

腸相は直哉に尋ねましたが、当然のように「嫌いだ」という返答が。

ダイ
ダイ
直哉は兄弟のことを「ポンコツ呼んでます。」父親のことすらも良く思っておらず、本当に嫌いなのが伝わってきます。

形勢逆転の雰囲気が

兄弟のことに関して話している腸相ですが、聞く耳を全く持たない。

むしろ冷めた表情で眺める直哉。そんな中、腸相からは大量の出血が。

その大量の血を見た直哉ですが、その血で攻撃されるのではないかと腸相と距離をとります。

しかしその瞬間。直哉は腸相を見失ってしまいます。

その矢先、かなりのスピードの攻撃によって、直哉は攻撃を受けます。

ダイ
ダイ
直哉はこの攻撃にも全然動字ないんですよね。自信過剰というか、油断しすぎというか。そんなところも直哉の魅力かも。このスピードの攻撃を受けても、直哉はどうせ腸相は出血多量で死ぬだろうと予測してましたね。腸相は出血死しないことも知らずに….。

そんな油断した直哉ですが、ここから一気に形勢逆転します。

直哉倒れる

直哉は勝ちを確信していましたが、腸相には直哉が知らない必殺技が。

虎杖との戦いで披露した「超新星」です。

「超新星」は腸相のオリジナルの技であり、直哉はその技を知りません。

その為、直哉は諸に攻撃を受けます。

そこへまさかの乙骨が。状況を一瞬で飲み込んだ乙骨は、腸相に攻撃して倒します。

ここで142話は終了となります。

直哉が死すかもと予測していましたが、結果はそうはならなかったようですね。

呪術廻戦の142話ネタバレ考察


142話も非常に楽しみな呪術廻戦ですが、ついに直哉が死すか?と言うのが話題になっています。

直哉死す?


直哉ですが、初登場時に既に死亡フラグを立てまくりだったわけですが、なんとか今まで生き伸びています。

ダイ
ダイ
さすがに恵と会うまでは死なないと思うけど…。直哉はここで死ぬには早いと思いな〜〜。

読者の見解

直哉絶対毒食らって死ぬ気がする。血が猛毒なんて初見じゃ絶対気づかないよね。てか、回避できる人なんていないでしょ。

まさか直哉が伏黒に会う前に死ぬなんてことはないよね?

直哉は自分が死ぬことを1mも考えてない時点で死亡フラグが立っている(笑)

直哉が死ぬなら、しれっと後ろに付いて歩く真依に背中刺される展開を希望

直哉は肯定できないけど、あの腐った禪院家で生きて行くにはあのくらいじゃないと無理かも。普通の考えの人なら心が折れるよね。

と言った感じに、それぞれ皆さん予想しているようです。直哉が死ぬかもと予想している人が多いみたいですね。

宿儺の指はどこに?

虎杖ですが、宿儺の指を15本取り込んでいます。

となると、残りの5本は一体どこにあるのか?あくまで予想ですが、色々なパターンが考えられますね。

あくまで個人的な感想と考察では、呪術師が取り込んでいるのではないかと考えます。ただ、かなりのリスクはありそうですね。

展開としては、虎杖のようにまではいかなまでも、耐えることができそうな人間がいたとしても不思議ではないですね。

過去の話にて、それらしきことを匂わせているシーンがあるため、可能性としては十分に考えられるのではないでしょうか?

宿儺の不気味な笑い

141話にて、虎杖が乙骨に刀で心臓を突き刺されると言うシーンがありました。

そんな中、危機感を感じていたはずの宿儺の不気味な笑みが….。

この笑みが何を意味しているのか?とても意味深な笑みでしたが、考察するに、伏黒恵が現れたからではないでしょうか?

まなぶ
まなぶ
宿儺は基本的に伏黒恵に対して異常な興味を示しています。そして伏黒恵が登場する度に宿儺は笑みを浮かべています。

と言うことで、今回の笑みも伏黒恵が姿を表したと考えるのは自然な流れなのではないでしょうか?

乙骨の狙いは?

お互いにかなりの殺意を持って戦っていた乙骨と虎杖。

採取的には虎杖にトドメをさすこととなりましたが、憎しみがあって戦っていたわけではなさそうですね。

上層部からの司令と言うことで、致し方なく殺すことになったのですが、なんの疑問も感じていないのでしょうか?

僕が思うに、何かしらの狙いがあってのことではないかと予想します。と言うよりは、そのような展開をついつい期待してしまう自分がいます。

実際は親友を傷つけられたことが原因のようになっていますが、事実は虎杖が原因。

となると、乙骨の本当の狙いは?上層部の指示にはしたがっているふりして何かしらを狙っているような?….気がします。

まとめ


今回の見所はなんと言っても直哉ではないでしょうか?

1対1の戦いとなりそうですが、どうなることか?多くの予想は、直哉が毒に倒れるのではないかとされています。

スピードに自信があるだけに、油断してやられる可能性があるのではと考えている人も多く、展開が非常に楽しみですね。

もう間もなく発売ですが、今からワクワクしています。