ドラマ

イチケイのカラスのロケ地は山梨県!裁判所や撮影場所を紹介!

Pocket

2021年の春ドラマの中で、「イチケイのカラス」が非常に人気を集めています。

熱くて暴走する竹野内豊さんと、常に怒っている黒木華さんのコンビが非常に面白いですね。

キャスト全員のキャラも際立っており、とても面白く毎回放送されるのが楽しみです。

この「イチケイのカラス」ですが、刑事裁判官ということで、毎回裁判所がロケ地の舞台となっています。

そんなロケ地となってる裁判所が山梨県にあるとのことですが、撮影場所がとても気になりますね。

今まで弁護士や警察官が主人公というドラマは多かったですが、刑事裁判官が主人公のドラマは非常に珍しいです。

新しい視点でドラマを見ることができて面白いですね。

そこでこの記事では、ドラマ「イチケイのカラス」のロケ地情報ということで、撮影場所の裁判所は山梨県にあるの?ということで紹介したいと思います。

イチケイのカラスのロケ地は山梨県


イチケイのカラスの舞台となるのが、裁判所となる「東京地裁第3部」です。

ドラマ「イチケイのカラス」では、舞台は東京都なっていますが、使用している裁判所は山梨県庁になっています。

ちなみに東京東京地方裁判所/刑事第3部の住所は以下になります。

〒100-8920東京都千代田区霞が関1丁目1-4

上記の画像が実際の東京地方裁判所です。ドラマ「イチケイのカラス」に登場する裁判所とは全く異なることがわかりますね。

ドラマではよくあることですが、実在する場所の名前を変えたり、外観と内観を別々で撮影したりはよくある話です。

今回のドラマ「イチケイのカラス」でも、舞台は東京。しかし使用している裁判所は山梨県でした。

毎回移動したりするの面倒じゃないのかな?なんて素人の僕は思ってしまうのですが、色々事情がありそうですね。

イチケイのカラスの裁判所や撮影場所はどこ?


ドラマ「イチケイのカラス」のロケ地は山梨県。裁判所は山梨県庁別館が使用されています。

住所ですが、〒400-8501山梨県甲府市丸の内1丁目6になります。

JR甲府駅から歩いて5分くらいの場所にあるので、アクセスはとても良いですね。

山梨名物の「ほうとう」でも食べながら、イチケイのカラスのロケ地巡りをしてはいかがでしょうか?

ちなみに今回のドラマ「イチケイのカラス」のロケは既に全て撮り終わっているとのことで、ロケ地に訪れても偶然会うことはできないようです。

ダイ
ダイ
竹野内豊さんと新田真剣佑さんを生で見たかった〜。というファンには残念ですね。会うことはできませんが、ロケ地巡りとしては面白いのではないでしょうか?

なかなか裁判所を見に行くこともないですしね(笑)

内観は山梨県庁ではない?

イチケイのカラスの舞台となるのが、裁判所となる「山梨県庁別館」ですが、もしかしたら中身はセットなのでは?という説もあるようです。

その証拠に、法廷には窓がないのです。しかし、イチケイのカラスで使用されている法廷には大きな窓があり、光が差し込んでいます。

法廷は基本的に四方が壁に囲まれており、密室となっています。

その理由は、審議の内容を外部に漏らさないために工夫されている可能性があり、秘密保持のためとも言われています。

確かに傍聴席には窓があるイメージがなく、暗い印象があります。もし万が一、イチケイのカラスの法廷があるとしたら、窓越しに写真撮られ放題になってしまいますね。

つまり、どこの法廷も基本的に窓がないため、「イチケイのカラス」で使用している法廷はセットの可能性が高いことになります。

廊下や階段は?

ドラマ「イチケイのカラス」の外観として使用されているのは間違いなく山梨県庁別館です。そして、ドラマに登場する階段や廊下。

その他諸々も山梨県庁別館が使用されています。ただ、法廷だけはセットで作られている可能性が高いということですね。

イチケイのカラスの法廷はこうなっていた

ドラマ「イチケイのカラス」の舞台は東京地方裁判所であるが、実際のロケ地は山梨県庁別館である。内観も同様だが、法廷だけはセットの可能性が高い。

ということになります。

イチケイのカラスのロケ地まとめ

ドラマ「イチケイのカラス」ですが、2021年の春ドラマの中でも非常に面白いと話題になっています。

警察官でもなく、裁判官でもない。刑事裁判官が主役ということで、新しい切り口が面白いのかもしれませんね。

今回の記事のまとめは以下になります。

  • イチケイのカラスに登場する「東京地方裁判所」は山梨県にある「山梨県庁別館」がロケ地として使用されている
  • 外観と内観は「山梨県庁別館」が使用されているが、法廷はセットで作られた可能性がある