ドラマ

ハコヅメの守護天使の正体は誰?桜の事件の犯人ネタバレ!

Pocket

この記事では、ドラマ「ハコヅメ」に登場する、守護天使なる人物の正体は誰なのか?桜の事件の犯人ネタバレを紹介していきたいと思います。

ドラマ「ハコヅメ」ですが、当初は藤さんがパワハラで交番に移動させられてきたと川合麻衣(永野芽郁)は思っていました。

しかしドラマが続くにつれ、実は藤聖子(戸田恵梨香)がパワハラで移動してきたのではないことが判明します。

実は藤聖子は、同僚である桜の事故の件を解決するために、町山交番に移動してきたのです。

その事実を知った川合麻衣(永野芽郁)は、激しく動揺していましたが、ドラマの最終回に向け、今後「守護天使」なる人物が鍵を握ってくるのは間違いないでしようね。

ダイ
ダイ
つい最近までは、戸田恵梨香さんと永野芽郁さん。ムロツヨシさん。この3人で、ほのぼのした交番だな〜なんて感じで見てました。

しかし、どうやら色々裏があったみたいですね。




ハコヅメ守護天使の正体は誰?


そもそも、この守護天使なる人物とはなんなのでしょうか?ドラマの7話で、その正体が明らかになりました。

まず守護天使ですが、新人警官のみを遠くからそっと見つめていることから、守護天使と呼ばれるようになったようです。

守護天使と聞くと、なんだか守ってくれている良い人。みたいなイメージですよね。

川合麻衣(永野芽郁)も、当初、守護天使という言葉は聞いたことがあったものの、どんな人物か知らず。

しかも、似顔絵捜査官の訓練ということで、源誠二(三浦翔平)に似顔絵の練習と称し、守護天使の似顔絵を書かされることに。

川合麻衣(永野芽郁)は当初、本当に練習だと思っていましたが、徐々になんか違うということに気づきます。

しかし、源誠二(三浦翔平)は頑なに教えてくれません。そんな中、守護天使の似顔絵が完成することなく、今回の練習は終了。

第7話が終了した時点では、守護天使がどんな人物かは判明しませんでした。



桜事件の犯人は守護天使?

※ここからはネタバレが入ってきますので、見たくない人は飛ばしてくださいね。

ではまず、桜事件がなんなのか?ここから紹介して行きたいと思います。

以前、町山交番には桜が勤務していました。そんな中、勤務中に白い軽トラにひき逃げされてしまうのです。

桜ですが、意識がなく、血だらけの状態。しかも突然雨が降り出し、証拠が全て流れてしまうという….。

そこからずっと操作を続けるも、未だ犯人は捕まっ捕まっていません。

わかっているのは、伊賀崎秀一(ムロツヨシ)が見た、白い軽トラックだけです。そしてその白い軽トラックにいつも乗っていたのが、守護天使なる人物なのです。

ただ、確実に守護天使が犯人かはわからず、完全に未解決事件となってしまっています。

ダイ
ダイ
だからなんとかして川合麻衣(永野芽郁)に似顔絵を書かせて犯人を捕まえたいと思ったんですね。

犯人が守護天使と言われている理由は何?

そもそも、何故犯人が守護天使なのか?明確な証拠はないものの、藤聖子には確信がありました。その理由が2つ。

  1. 守護天使はいつも若い新任の女性警察官を見つめていた
  2. 白い軽トラックに乗っている

このことから、絶対に犯人は守護天使であると確信していたのです。

その確信から、藤聖子は自ら町山交番に移動を申し出たのです。

というのも、町山交番には桜と非常に似た、川合麻衣が新任で働いており、必ず守護天使が現れると考えていたからです。

つまり、川合麻衣を囮とした捜査だったんですね。しかし、このことがずっと引っかかっていた藤聖子ですが、のちに川合麻衣にも事情を話し、一緒に協力して操作することになりました。

守護天使が犯人で確定?正体は?

ここからは漫画のストーリーになります。もしかしたらドラマと違う内容があるかもしれませんね。

ということで、漫画では守護天使はどのような人物なのでしょうか?

まず結論から紹介すると、この守護天使なる人物は、木村良徳という人物です。

この木村良徳ですが、実はひき逃げを起こした際に、会社の社長にウソをついていました。

その嘘というのが、「飲酒運転をしてしまい、事故をしてしまった」というもの。木村良徳には警察官の娘がいるとのことで、迷惑をかけたくない。父親の情けない姿を見せたくないとのことで、警察に通報しないように社長にお願いしていました。

そんな事情があってか、会社の社長は木村良徳をかばったのです。そしてひき逃げした車を廃車にしてしまったのです。

社長からしたら、まさかまさかの展開ですよね。結果的に、警察からの聴取に対して嘘をついてしまったことになってしまいました。

ひき逃げした動機は?

そもそも、守護天使と呼ばれていた木村良徳は何故桜を引いてしまったのでしょうか?

最初からひき逃げするつもりだったのか?それとも偶然の事故だったのか?一体なんだったのでしょうか?

調べてみるとあることがわかりました。

実は木村良徳ですが、暗い過去があったのです。そのことが原因で、若い婦警さんを遠くから眺めるようになったみたいですね。

というのも、木村良徳には借金があり、過去にそれが原因で家族を捨てた過去があります。

それずっと心に残っていた木村良徳ですが、そんな時、自分の娘が警察官になったというのを知りました。

そこで若い婦警さんを見ると、自分の娘を思い出すことができたとのことで、若い婦警さんばかりをいつも眺めていたみたいですね。

そして事件当日、いつものように若い婦警である桜を見つめていたそうです。しかし、車で近づきすぎてしまい、謝って事故を起こしてしまったという訳です。

理由を知ってしまうと、ひき逃げなんてしなければ….。と思ってしまいますね。もちろんひき逃げは良くないですが、なんだかやるせない事故ですね。



ハコヅメ守護天使役は誰が演じてる?

では、漫画では木村良徳なる人物が犯人であることがわかりました。しかし、実際のドラマでは誰が演じているのでしょうか?

現在出演しているキャストの中には、木村良徳なる役柄の人物は存在しません。最終回に向かって、新しいキャラが登場するということになりそうですね。

ちなみに、漫画の設定では既に、娘は警察官を辞めているとのことです。しかし、ドラマではどうなのかも気になりますね。

木村良徳ですが、既に何度かドラマに写っている人物なのか?それとも今後新たに出てくる人物なのか?楽しみにして見たいと思います。



ハコヅメ守護天使まとめ

今回の記事は、ドラマ「ハコヅメ」の守護天使について調べて見ました。

ドラマ「ハコヅメ」はゆるい感じの警察官ドラマだと思っていましたが、実は裏ではしっかりとし犯人逮捕の目的があったんですね。

藤聖子の正義感の強さとか、川合麻衣の天然でドジなところとか。伊賀崎秀一のテキトーに見えて意外とやるところとか、全部が丁度いい感じで非常にドラマとして面白いです。

いよいよドラマ「ハコヅメ」も終盤にさしかかってきましたが、今後どんな展開を迎えるのか?非常に楽しみですね。

守護天使も犯行動機は漫画と同じなのか?ドラマの役は誰が務めているのか?非常に気になりますね。

ということで、楽しみにしたいと思います。